関西初!近畿大、志願者数全国一

プロ家庭教師の指導法と教育放談

関西初!近畿大、志願者数全国一

 今年度の私立大学の一般入試志願者数の1位が近畿大(10万5890人7462人増)だったそうです。関西の大学では初の全国ナンバー1です。昨年まで4年連続で首位だった明治大学(10万5512人4422人減)を300人程度上回りました。

 数年前まで11年連続で首位だった早稲田大は昨年より1344人減らして3位(10万54524人)。4位に日本大(9万6082人3574人増)、5位に法政大(9万4808人5761人増)となってます。

 早稲田ほどの難関ではなく、同じ程度の大学の中で就職がいいという理由で、明治大がこれまで支持されて来ましたが、クロマグロの養殖や、入試の願書のインターネットによる申し込みで入試代金の割引など、積極的なアピールが近畿大を一気に押し上げたようです。

 願書の電子化による受験料の割引など、今後ほかの大学も追随してくるでしょうから、来年以降もこの勢いが続くかどうかはわかりませんが、一歩先んじた入試改革はおおむね成功だったということでしょう。

 もし、クロマグロの養殖が学生に好印象を持たせたとするなら、偏差値を持って大学を評価するのではなく、実績によって評価を上下させるという好ましい状況への一歩なのかもしれません。