スマホを使う「自由」と子どもを守るための「制限」の葛藤

プロ家庭教師の指導法と教育放談

スマホを使う「自由」と子どもを守るための「制限」の葛藤

 最近、いじめや外部とのトラブル、生活習慣を乱す原因となりつつあるスマートフォンについて、文部科学省などは、各都道府県教育委員会に原則学校への持ち込みを禁止するよう通知を出していますが、やはり、各家庭においての事情もあり、なかなか強い調子での制限を課していません。

 そんな中で、今回、愛知県刈谷市の小中学校(21校)全体で、携帯電話やスマートフォンの使用を午後9時までとする方針を打ち出し、保護者と連携を図りつつ、4月から実行しようとしています。

 実際には、学習塾など夜の11時くらいまで授業が行われていたりするので、保護者との連絡等を考えると完全実施は無理でしょうが、保護者以外との利用が制限されるようになれば、ある程度何らかの効果が出てくるのではないでしょうか。その効果が実施した側にとってのよい結果なのか、悪い結果なのかは現時点では想像するしかありませんが、期間をおいて調査して、その結果をぜひ公表してほしいものです。

 現実にあるスマホを使う「自由」と、将来予測されるデメリットを回避させる「制限」と、どちらがより望ましい社会にするために貢献するかの検証の一つとして有用なものとなるでしょう。(というか、有用なデータの開示をきちんとしてもらえるかが心配。結論ありきのデータの都合のいい解釈はやめてほしい・・・)

 ただ、今までも、「たまごっち」「ポケベル」「携帯電話」とその年代によって学校の先生や周りの大人を悩ませるグッツはあり、スマホだけが凶悪なラスボスのようなものではないでしょう。それぞれのグッツによって、さまざまな社会現象を引き起こされましたが、それぞれがそれぞれの領分を守るように次第に収束していってます。今回も、だんだんと子どもたちなりのルールが形成され、最終的には社会の一部として受け入れられるのは間違いないと思います。

 ただ、その過渡期として、子供たちがたちの悪い大人たちの食い物にならないように、良識ある大人たちが防波堤を築くことを模索することは、たとえそれがどんなとんちんかんな内容であったとしても、検討し、より良い形で実行されることが、事態を収束化させるために必要なことは、わざわざ言葉しなくてもいいことでしょう。

 「今の若い者たちは・・・」とぼやくのは、大人たちの特権ですが、その特権を行使するための義務を果たすことが「今の大人たちは・・・」に求められることでしょう。

 家庭教師の皆さんも、携帯電話やスマホで生徒などと連絡をとる場合があるでしょう。ぜひ、あなた方も子供たちの模範となるように自らを戒め、善導してあげてください。授業中に携帯やスマホをいじるなんて馬鹿な使い方を生徒の前でしないでくださいね。